あぶくま川の詩

流れ遙かに(ながれはるかに)

play play

[作詞・作曲]小椋 佳  [編曲]風戸慎介

たおやかに 弧(こ)を描(えが)き 母(はは)なる川(かわ)が行(い)く
数(かぞ)え切(き)れない 人々(ひとびと)の 物語(ものがたり) 抱(だ)きしめて
語(かた)り 語(かた)られて 流(なが)れ 遥(はる)かに
暮(く)らしを染(そ)めて 時(とき)を潤(うるお)す
あなたと 歩(ある)こう 阿武隈(あぶくま)の 畔(ほと)り

水(みず)の幸(さち) 惜(お)しみなく 恵(めぐ)みの川(かわ)が行(い)く
北(きた)へ旅(たび)して 豊(ゆた)かさと 悦(よろこ)びを 振(ふ)りまいて
愛(あい)し 愛(あい)されて 流(なが)れ 遥(はる)かに
例(たと)えようのない かけがえのなさ
あなたに 映(うつ)そう 阿武隈(あぶくま)の 光(ひか)り

心(こころ)ある 姿(すがた)して 命(いのち)の川(かわ)が行(い)く
時(とき)には 怒(いか)り 荒(あ)れ濁(にご)り また和(なごみ)み 微笑(ほほ)えんで
生(い)かし 生(い)かされて 流(なが)れ 遥(はる)かに
人(ひと)あって川(かわ) 川(かわ)あって人(ひと)
あなたと 歌(うた)おう 阿武隈(あぶくま)の 祈(いの)り

阿武隈川讃歌(あぶくまがわさんか)

play play

[原詩・原文]安藤ゆたか、沼田登志樹、安齋孝信 [補作詞・作曲]小椋 佳 [編曲]風戸慎介

たおやかに 弧(こ)を描(えが)き 母(はは)なる川(かわ)が行(い)く
水(みず)の幸(さち) 惜(お)しみなく 恵(めぐ)みの川(かわ)が行(い)く

お母(かあ)さん 覚(おぼ)えてますか
白鳥(はくちょう)を 見(み)に行(い)った時(とき)の事(こと)
白鳥(はくちょう)よりも かもの方(ほう)が ずっと多(おお)くて
二人(ふたり)とも なぁんだなんて 言(い)っちゃたりしてね
阿武隈川(あぶくまがわ)って 思(おも)ってたより 大(おお)きいねって
二人(ふたり)して つぶやいた時(とき)の事(こと)

お母(かあ)さんには 分(わ)からないかも 知(し)れないけれど
白鳥(はくちょう)を浮かべてる 阿武隈川(あぶくまがわ)と
私(わたし)の隣(となり)にいる お母(かあ)さんとが
同(おな)じくらい 大(おお)きく大(おお)きく 見(み)えました

お母(かあ)さん 心配(しんぱい)しなくて だいじょうぶ
阿武隈川(あぶくまがわ)みたいな 広(ひろ)くて大(おお)きな 人(ひと)になるから

語(かた)り 語(かた)られて 流(なが)れ 遥(はる)かに
数(かぞ)え切(き)れない 人々(ひとびと)の 物語(ものがたり) 抱(だ)きしめて
愛(あい)し 愛(あい)されて 流(なが)れ 遥か(はるか)に
北(きた)へ旅(たび)して 豊(ゆた)かさと 悦(よろこ)びを 振(ふ)りまいて

お父(とう)さん 覚(おぼ)えているよ
今(いま)はもう 貴方(あなた)はいないけれど
小(ちい)さい頃(ころ)に よく行(い)ったよね お父(とう)さんと
二人(ふたり)して 仰向(あおむ)けになって あの河川敷(かせんじき)
流(なが)れの音(おと)って 思(おも)ってたより 大(おお)きいねって
二人(ふたり)とも 夕焼(ゆうや)けに 笑(わら)ったね

お父(とう)さんには 会(あ)えなくなって しまったけれど
変(か)わらずに流(なが)れている 阿武隈川(あぶくまがわ)が
ざわざわと響(ひび)く時(とき) お父(とう)さんだと
思(おも)えるんだあの声(こえ) あの笑(わら)い 話(はな)し方(かた)

お父(とう)さん 僕(ぼく)はいつだって 元気(げんき)です
阿武隈川(あぶくまがわ)の岸辺(きしべ) あなたと話(はなし)が またできるから

暮(く)らしを染(そ)めて 時(とき)を潤(うるお)す
あなたと 歩(ある)こう 阿武隈(あぶくま)の 畔(ほと)り
例(たと)えようのない かけがえのなさ
あなたに 映(うつ)そう 阿武隈(あぶくま)の 光(ひか)り

お祖父(じい)ちゃん 橋(はし)ができたよ
遠(とお)い日(ひ)に 船(ふね)で渡(わた)った場所(ばしょ)に
お祖父(じい)ちゃんには 川(かわ)の話(はなし)を 教(おそ)わったよね
恐(こわ)さとか 有(あ)り難(がた)さとか へそ曲(ま)がりだとか
阿武隈川(あぶくまがわ)って 水(みず)も魚(さかな)も お米(こめ)なんかも
くれるって 繰(く)り返(かえ)し 話(はな)してた

船頭(せんどう)さんの お祖父(じい)ちゃんから 聞(き)こえた愚痴(ぐち)は
川(かわ)の水(みず)濁(にご)る事(こと) 泳(およ)げなくなり
魚(さかな)は少(すく)なくなり それでもいつも
阿武隈川(あぶくまがわ)自慢(じまん)の 話(はなし)だけ していたね

お祖父(じい)ちゃん 安心(あんしん)しててね 見(み)ていてね
阿武隈川(あぶくまがわ)はきっと 僕(ぼく)らがきれいな 川(かわ)にするから

心(こころ)ある 姿(すがた)して 命(いのち)の川(かわ)が行(い)く
時(とき)には 怒(いか)り 荒(あ)れ濁(にご)り また和(なご)み 微笑(ほほ)えんで
生(い)かし 生(い)かされて 流(なが)れ 遥(はる)かに
人(ひと)あって川(かわ) 川(かわ)あって人(ひと)
あなたと 歌(うた)おう 阿武隈(あぶくま)の 祈(いの)り

語(かた)り 語(かた)られて
愛(あい)し 愛(あい)されて
生(い)かし 生(い)かされて
人(ひと)あって川(かわ) 川(かわ)あって人(ひと)
あなたと 歌(うた)おう 阿武隈(あぶくま)の 祈(いの)り

「あぶくま川の詩」に寄せて

~サミットから子供たちへ~

阿武隈川サミット実行委員会委員長  福島市長 吉田修一

昔、暴れ川だった川も、今は護岸工事などにより、大分おとなしくなりました。
その反面、私たちの生活が豊かになるにつれ、川は汚れ、その汚れは私たちを脅かしつつあります。
今ここで、人と文化そして歴史を創ってきた川を見つめ直してみませんか。
このサミットで私たちは、「今何をしなければならないのか」、そして「それぞれの役割は何なのか」を確認し合い、確実に実行していくことこそが今を生きる私たちにとっての未来への責務であると考えています。
『あぶくま川の詩』は、子供たちの阿武隈川への「夢と未来」を育み、流域に暮らす140万人共通の心のよりどころとなる歌をとの思いをこめて創られました。
川の優しさにふれ、親しみ、川への思いやりの心とともに、『あぶくま川の詩』がみなさんに愛され、永く歌い継がれていくことを願っております。

~21世紀の阿武隈川~

小椋 佳

「あぶくま川の詩」と題して、皆さんから寄せられた、絵・作文・詩の素晴らしさに感動しました。まずは応募作品の多さに驚きました。沢山の少年少女が、阿武隈川に高い関心を抱いていることを知って嬉しくなりました。そしてそれぞれの作品には、心から「川」を愛する思いが素直に表現されていて、21世紀の阿武隈川に希望が大きく広がりました。私は今回、阿武隈川の詩を制作することでプロジェクトに参加させていただき、「流れ遥かに」と長い合唱曲「阿武隈川賛歌」の二つを創りました。しかし思えばいずれの作品も皆さんの作品に流れる情熱が私の中に注ぎ込まれて、極く自然に生まれたものです。従って、これらの歌は私の創作というより、正に皆さんの歌そのものです。

21世紀、特に日本人にとっては「共生と創造」がキーワードとなる時代だと考えられます。「川」についても同じ事が言えるでしょう。今回の二曲にもその心が盛り込まれています。従来にも増して行政を中心としての治水とか利水とかが大切でしょうが、治水利水はなにか川を距離ある対象物と捉える言葉の響きがします。できれば、あたかも自らの肉体に流れる血のように、川を自分と一体のものとして感覚し、その内なる川を「生かし創る」暮らしが、一人一人の日常生活のレベルで自然に成立しているような状況であって欲しいものです。

今回のプロジェクトが、阿武隈川流域の全ての人々に永く根づくものになること、その過程で阿武隈川の歌も皆さんの心に染み込んで行くことを願っています。

TOPページ