「阿武隈川サミット20周年記念講演会」参加者募集!!

このイベントは終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

テーマ:~人と自然の共生を考える~『湧き水の町との出会い』

 阿武隈川の流域が一体となって、治水・利水、河川環境の保全を推進し、次世代への共通財産として良好な河川環境を伝えていくため、平成6年から開催してきた阿武隈川サミットが今年で20周年の節目を迎えるにあたり、川との共生等の観点から自然と季節との関わりなどの作品を有する写真家の今森光彦さんを招き講演会を開催します。
 また、今年開催の「阿武隈川フォトコンテスト2014」表彰式を同時に開催します。

 

(1)日 時 平成26年10月26日(日) 14:00~16:20

 

(2)会 場 エスパル福島 ネクストホール(福島市栄町1-1 福島駅東口隣り)

 

(3)募集人数 120名<予定>
         ※事前申込みが必要となります。
         ※応募者多数の場合は事務局にて抽選により参加者を決定します。予めご了承ください。
         ※参加が決定した場合、入場は無料となりますが、専用駐車場はございません。駅周辺の
           駐車場は混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。

 

(4)タイムテーブル・内容(予定)
     14:00  開会・あいさつ
     14:10  阿武隈川サミット20周年のあゆみ紹介
     14:20  フォトコンテスト表彰式、入賞フォト・スライドショー、賞状授与 ほか
     14:55  休憩(会場転換)
     15:10  記念講演(今森光彦 氏)
     16:20  閉会
     ※入賞フォト・スライドショーはフォトコンテスト入賞作品を亀工房の生演奏とともにお届けします。
       また、会場内にてフォトコンテスト入賞作品の展示を行います。

 

(5)申込方法 申込方法は【はがき】【FAX】【メール】の3つの方法があります。
         必要事項(郵便番号・住所・氏名・電話番号)を記入しお申し込みください。
         詳しくは、チラシ(PDF:488KB)をご覧いただくか、お問合せください。【申込期限10月14日火曜日】

 

(6)お問合せ 〒960-8601 福島県福島市五老内町3番1号
         阿武隈川サミット実行委員会 事務局 福島市建設部河川課内
         阿武隈川サミット20周年記念講演会係 
         TEL:024-525-3756 /FAX:024-536-3271/Eメール:post@abutan.jp

 

【講師等紹介】

<講師>今森光彦 氏

<講師>今森光彦 氏

◆今森 光彦 氏
 1954年、滋賀県生まれ。写真家。琵琶湖をのぞむ田園風景の中にアトリエを構え活動する。自然と人との関わりを「里山」という空間概念で追い続ける。また、自然のかたちをハサミひとつで鮮やかに切り出すペーパーカット作家としても知られる。写真集に『里山物語』(新潮社)、『湖辺』(世界文化社)、『世界昆虫記』(福音館書店)、『里山を歩こう』(岩波書店)など数多くの著書がある。第20回木村伊兵衛写真賞、第28回土門拳賞、小学館児童出版社文化賞など数多くの賞を受賞。

亀工房(前澤勝典&朱美)

亀工房(前澤勝典&朱美)

◆亀工房(前澤勝典&朱美)
 ギターとハンマー・ダルシマーの音楽デュオ。「ハンマー・ダルシマー」は中近東を起源にヨーロッパで生まれたピアノの原型ともいわれる打弦楽器。台形の胴に張られた数十本の弦を木製のバチで叩く演奏は、日本ではまだ聴く機会が少ない。「亀工房」は、そんなハンマー・ダルシマーの澄んだ響きをアコースティック・ギターの温かい音色で包みこむ他にはないサウンドが魅力。1992年の結成以来、北海道から九州・沖縄、また離島まで、日本各地で「心地よい音楽」をモットーにライブ活動を続けている。写真家・今森光彦さんとの里山スライドショー、故・星野道夫さんの写真展でのコンサートなど多彩なコラボレーション・ライヴも数多く行ない、TVCMやNHKドキュメンタリー番組への挿入音楽、各地のプラネタリウム上映番組、企業のDVD作品などに向けた音源制作も行なう。

TOPページ